糖尿病の自己管理(療養)を支援する療養指導士を長崎独自に養成し、糖尿病教育の正しい知識および技術の普及・啓発を目的に活動しています。

組織

組織

LCDE-Nagasakiは、実務を担当する実務委員会と認定委員会により構成され、長崎県糖尿病対策推進会議幹事を中心として開催される幹事会とも連携します。
今後、委員として、地域での糖尿病療養指導、啓発活動に参加いただく方を募集しています。我と思わん方は、事務局までご連絡ください!

長崎地域糖尿病療養指導士認定委員会組織図

役員

  • 会長

    阿比留教生

  • 副会長

    藤田成裕

  • 顧問相談役

    松本一成、岡田秀子、赤澤昭一、川上 純

  • 幹事会代表

    瀧野博文

  • 監事

    山崎浩則、中西俊明

  • 事務局・会計

    村川 香

  • 認定委員

    瀧野博文、阿比留教生、藤田成裕
    鎌田昭江、世羅康徳、桑原宏永
    福島徹也、冨永玲子、杉本悠花
    山下理恵、武次由佳、塩竈由紀子
    畠山今日子、酒井隆弘

実務委員会

  • 広報委員:

    LCDE-Nagasakiやその活動を広く長崎全域に広めていくための活動を行います。ホームページの作成や、さまざまな職種の機関紙などへの広報活動を推進します。

  • 研修委員:

    LCDE-Nagasaki認定試験に関連し、事前の基礎講座の講師選択、基礎講座研修運営を行い、参加者を認定委員会に報告します。

  • 試験委員:

    LCDE-Nagasaki認定試験に関連し、試験問題の作成、試験の開催、および試験結果を認定委員会に報告します。

  • 社会活動委員:

    ウォークラリー、小児糖尿病サマーキャンプ、ブルーサークル活動など、LCDE-Nagasakiが認定する糖尿病療養活動への地域糖尿病療養指導士の参加をサポートし、参加状況を認定委員会に報告します。

  • 地域連携委員:

    地域で開催される基礎講座(WEB配信)やスキルアップセミナーへの参加をサポートし、参加状況を認定委員会に報告します。また、地域で行われる糖尿病療養活動、および糖尿病啓発活動を推進し、LCDE-Nagasakiの糖尿病関連行事として認定委員会に事前申請を行います。

認定委員会

申請書類および認定試験の結果をもとに、長崎地域糖尿病療養指導士の資格を認定します。また、地域で行われる糖尿病療養指導に関するスキルアップセミナーとしての単位の事前承認、および、地域での各自治体、医療機関単位で行われる糖尿病関連行事の単位の事前承認の決定を行います。

幹事会

主に、長崎県糖尿病対策推進会議幹事により構成され、対策推進会議幹事会開催時に、LCDE-Nagasakiに関連した多職種の意見交換を行います。

<<LCDE-Nagasakiとは規約>>